そもそもワキガって何なの?ワキガがあらわれるプロセスとは?

 
 
 
 
 
悪臭の苦しみ、脇の悩みがやってくると垣間見える「ワキガ」。医学用語で「腋臭症(えきしゅうしょう)」といういい、病気じゃなくて体質が元となる脇の臭いだということです。よくわかっているようであまりわからないワキガが発生する原因とメカニズムを身に付け、ハイレベルな対策やイチオシケアアイテムで、興味がそそられるワキガの臭いをシャットアウトしましょう
 

ワキガの主な原因・仕組み

 
ワキガというのはアポクリン汗腺から放出される汗に合わせてあらわれてきます。
 
アポクリン汗腺ことで放出される汗からすればタンパク質や脂質等の有機酸がセットになっていて、そのことが腋で見受けられる常在菌それぞれで解体されることを通して、お定まりの独特の気分が悪くなるニオイがもたらされるのです。
 
ついでに申しますと、覚えておいてほしいのはエクリン汗腺としてもカラダの中のお肌で見受けられるのに対し、アポクリン汗腺ということは、腋や乳首、陰部というようなある程度のゾーンの毛包内にのみあります。
 
一言でいうと、アポクリン汗腺の数ということは髪の毛の量と原因があって、ひどいワキガの人ということは腋毛の量が過多になるとが多いです。
 
お伝えしたいのはワキガに見舞われる主な要因我々日本人からではおおむね10人に1人のパーセンテージで引き起こされるワキガけれども、そうだとしたらワキガがもたらされる人とそうではない人であれば、どういった違いが出て来るのでしょうか?
 
頭に入れておいてほしいことはこれからは、ワキガに見舞われる主な原因を紹介していきます。
 

遺伝

 
両親がワキガだと、そういった子どももひきおこされるパーセンテージがかなり向上します。
 
いずれか一方の親だけと比較して、両親いずれもからすればそれをオーバーする確率で遺伝がはっきりしています。
 

性ホルモンの作用

 
性ホルモンからすれば、アポクリン汗腺の働きを活き活きさせる作用がつきまといます。肝心なのは思春期にかけてはワキガの症状が存在しないというのってこのことよりです。赤ちゃんの頃ことからアポクリン汗腺がいっぱいありますが、性ホルモンとしても分泌されてきびきびと働くようになることになります。
 
お伝えしたいのはこれに関連して女性から見れば、妊娠や出産、月経というような性ホルモンの影響を強く感じ取る期間に、しばらくの間ワキガの症状が出るケースがあります。ライフサイクルの乱れ野菜や魚をほとんど摂らないといったものフードスタイルがアンバランスになっていたり、
オーバーな飲酒や喫煙の結果があったり、プレッシャーに悩まされていたり…。こういった類のライフサイクルの乱れも、ワキガが引き起こされるトリガーとなります。